記事一覧

ドロップ・アンド・プルの道具③:ミツロウ

201604lemkotoolwaxiroiro.jpg


ドロップアンドプルの長い長い記事に
おつきあい下さいましてありがとうございます。

今回はロウについてです。

ドロップアンドプルは大きく分けると2種類あります。
表面が平でつるっとした仕上がりになるもの(写真左)と、
模様の部分が盛り上がっているものです(写真右)。

201604lemkocomparison.jpg

表面がつるっとしたタイプは、普通のピサンキと同じ
ロウケツ染めの技法で作られています。
描いて染めて描いて染めて・・・最後にミツロウを
取り除きます。
ウクライナのドロップアンドプルは
このタイプが多いです。


一方、写真の白とブルーの卵のように
描いたところが盛り上がっているものは、
エンボスのドロップアンドプルと呼ばれ、
ミツロウを乗せたままにしてあります。
チェコのドロップアンドプルはこのタイプが多いような。


ロウを乗せたままにする場合、ロウそのものに
色をつける必要があります。
写真の白い卵は、4種類のブルーのロウと白いロウで
描きました。


《 色付きロウの作り方 》
1. 無色のミツロウに手作りキャンドル用の顔料で着色する。
2. 無色のミツロウにミツロウクレヨンで着色する
3. ミツロウクレヨンをそのまま溶かして使う
4. ミツロウとパラフィンを混ぜ、着色する
5. 100均のクレヨンをそのまま溶かして使う



人によって、好みのロウは違うかも知れませんが、
私のイチオシは5番の100均のクレヨンです!


1~3番のミツロウは伸びが良く、描きやすいし、卵によくくっついて
はがれにくいのが長所ですが、
その反面、柔らかく変形しやすく、少しベトつきます。

一方パラフィンは堅く、さらっとしていますが
はがれやすく、せっかく描いた線がとれてしまうことが
しばしばです。

自分でこの二つを調合する場合は、その量の加減が
難しいのです。


着色に関しては、混色する際の加減が
これまた難しく、特に紫を作る時に
ものすごく苦労しました。


そんなときに救世主が・・!!
201604lemkotoolcrayon2.jpg

ダイソーのクレヨンです。
そのまま溶かすだけで使えます。
写真のようにアルミカップに入れてキャンドルで加熱します。

ぺんてるなどの描き味なめらかな高級クレヨンと違って、
ダイソークレヨンは油分が少ないところが
ドロップ&プルにはうってつけなんです。

色数も多いから自分で混色しなくていいし、
いい具合にパラフィンや樹脂も配合されていて、
仕上がりがベトつかず、堅くてまさに理想です。

コストパフォーマンス的にもとってもオススメです。



で、ここで注意点なんですが〜
100均のチープなクレヨンなら、別にダイソーでなくても
大丈夫だと思いますが、クーピーペンシルタイプは使えません。
必ず持ち手に紙が巻いてある普通のクレヨンにしてください。



と言うのも、私クーピーで試したのです。
クーピーならもっとサラサラな堅い線が描けると
期待して、溶かしてみたら・・・・・

溶けたモッツァレラチーズのようになりました。
柔らかいけど液体ではない、弾力のある感じ。
そしてピンにつけると、モッツァレラそっくりに糸を
引くんです!!
なので、ドロップ&プルの「ドロップ」が出来ません。

きっとクーピーは、樹脂がクレヨンより多いんでしょうね。
そしてロウが少なすぎたみたい。
100均のクーピーもどきでは試してはいませんが、
同じような事になる可能性が高いのではと推測します。





Youtubeでもクレヨンでやってる人がいました。
やけにカップの縁にクレヨンが飛び散っているのが
気になりますが・・・ワイルドですね。


でも、こんなに煙が出るのはNGですよ〜。温度が高すぎる証拠です。
ロウから煙が出たら、火加減を調節しましょう。
Crayolaクレヨン、綺麗な色が多くていいな〜。欲しいな〜。




以上、ドロップ&プルのロウのお話でした。
絵の具で卵に色を塗って、クレヨンを溶かして
ピンで模様をつければ・・・・すべて100均の材料で
ドロップ&プルの作品が出来ますよ〜!
大きなホットプレートを皆で囲んで作ったら楽しいと
思いませんか?


もっとイースターエッグ作りが日本で普及すると良いなあ・・・
と言う想いを込めてこの記事をアップしました。
イースターには間に合わなかったけど。
(でも今年の東方教会のイースターは5月1日なんですって。ウクライナも。)




にほんブログ村 ハンドメイドブログ エッグアートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アート雑貨へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

初めてコメントします

ドロップアンドプル、ちょうど楽しく実験してたところだったのでびっくり、グッドタイミングの記事でした!
私はクレヨラよりも日本のクレヨンが線が引きやすくて好きです。

きゃー!すみません

3ヶ月近く前に頂いていたコメント・・・すみません、今気がつきました!!
レス遅くなり本当にごめんなさい〜〜。

ドロップアンドプルに日本のクレヨンを溶かして使っているのですか?
油分が分離しませんでしたか?

息子が小学校時代に使っていたぺんてるを溶かしたら、
変なものが浮いて来て・・・てっきり分離したのだと思ったのですが
あれはもしかしたら表面の汚れだったのかも(笑)

絵の具って…

こんにちは〜☆
いつも拝見させていただいております。
この度子供達向けにご家庭でも作れるイースターエッグを考えています。
染料代わりに絵の具を塗っても大丈夫なんですね☆
その時は漬けるより筆で描く方がいいのかな?
水性絵の具だとはじいてしまうかと思っていたので参考になります。

No title

けいたま様

コメントに気づかず、レスが遅れて申し訳ありません。

水彩絵の具はムリです。
卵には乗らず、はじかれてしまいます。

食紅ならOKですよ。普通にスーパーで売ってますし。
ピサンキのように重ね染めは出来ませんが(色が混ざる)
単色染めならまあまあ使えます。
色によってはあまりよく染まらない場合もありますので
濃度を調節しながら試してみると良いと思います。

アクリルはトールペイントのようにべっとり筆に乗せて
絵を描くならアリかもです。

子供向けのワークショップ、デコパージュとかは
どうですか? 最近流行っているみたい・・?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ms. Humpty

Author:Ms. Humpty

ウクライナのピサンキを紹介しています


検索フォーム

アーカイブ