記事一覧

ドロップ・アンド・プルの道具①:ピン

私がドロップアンドプルの技法で卵を作る際に
実際に使っている道具を紹介します。 


ストロークを描く時に使う、ピンのような道具。

これは、ダイソーの補助軸(短くなった鉛筆につけるアレ)の
消しゴムの部分にピンを刺しています。



ピンにも色々ありまして、これはダイソーの文房具売り場で
見つけたもの。
300本も入っています。
201604lemkotooldaisopin.jpg


こっちは手芸店で見つけた、シルクまち針。
樹脂の部分も耐熱性です。
玉の部分が大きいほどストロークも太くなります。
201604lemkotoolmachibari.jpg


細いシルクピンです。頭の部分が小さく、
非常に細かいストロークが描けます。
太さが0.5mmでシャープペンの芯と同じなので、
シャープペンの軸に入れて使えます。
201604lemkotoolpinsmall.jpg


100均のネイルアート用のドットペンと
鉄筆です。ビジュアル的にはとても可愛いのですが、
描きやすさは普通のまち針のほうが上かな・・・?
201604lemkotooldotpen.jpg



さらに電気キスカをお持ちの方に・・・裏技(?)
なんちゃって電気ドロップアンドプル。
201604lemkotoolelectrickistka.jpg

上で紹介したドットペンの先をペンチで引っこ抜いて、
ダイソーの目玉クリップで一緒にはさみます。
201604lemkotoolclip.jpg


100均、素晴らしい〜〜!
お世話になりっぱなしです。

次回は、蝋を溶かすツールについてご紹介します。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ エッグアートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アート雑貨へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ms. Humpty

Author:Ms. Humpty

ウクライナのピサンキを紹介しています


検索フォーム

アーカイブ