記事一覧

チェドック雑貨ストアにてイースターのイベント開催中!

http://pysankyclub.blog.fc2.com/img/201603cedok5.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-90.fc2.com/p/y/s/pysankyclub/201603cedok5.jpg" alt="" border="0" width="500" height="335" /></a>">


浅草(蔵前)にある可愛い東欧雑貨のお店のイースターイベントです。
チェドック雑貨ストア:http://www.cedok.org


ウクライナ、ルーマニア、チェコ、ポーランド・・・
各地で買い付けた珍しいイースターエッグが販売されます。

日本ではなかなか見る事の出来ない珍しい技法やデザインの
ものがあり、大変勉強になります。


具体的に言うと・・・・

201603cedok1.jpg
染めた卵を針あるいはナイフのようなものでガリガリ引っ掻いて模様をつける技法です。
チェドック雑貨ストアさんで購入しました。
ウクライナ語ではこのような卵をDryapanky(ドリャパンキ)と呼びます。
ウクライナ以外にも広く普及している技法で、特にポーランド、リトアニア、
スロバキアなどのサイトで素晴らしい作品をよく目にします。
この作品はポーランドのものだったかと。
英語では「スクラッチ」の技法として知られています。



201603cedok2.jpg
これもチェドックさんで購入しました。
ペンで直接絵を描いたものらしいです。
ミツロウも染料も使わず、インクや絵の具で直接絵を描いた卵は
ウクライナでは Malyovanky(マリョバンキ)と呼びます。
が、この卵はどちらの国の作品か分からず・・・。



201603cedok3.jpg
ルーマニアのイースターエッグです。
表面に凹凸があるのがわかりますでしょうか?
着色したミツロウを乗せたままにして作る技法です。
ミツロウを乗せたままにする技法は主に
チェコ、スロバキア、ルーマニアを中心によく見られますが、
写真のように線を描いて、隙間にミツロウを盛るデザインは
ルーマニア独自のものです。チェドックさんで購入。


201603cedok4.jpg
ソルブのイースターエッグです。
ソルブ人と言うのは、ドイツにいるスラブ系の少数民族で、
ポーランドやチェコがそのルーツと言われています。
この卵もミツロウが乗ったままですが、とても変わった技法で
作られています。
鳥の羽を加工して作った道具にミツロウを含ませ、
ペタペタとスタンプのように押して模様をつけます。
Sorbische Ostereierで検索すると色々出てきますよ〜。


上に紹介した卵はどれも日本ではなじみが薄く、
作り方の説明など情報がほとんどないのです。
実物を観察して、作り方を自分で研究するしかないため、
このようなイベントを開催してくれたチェドックさんには
本当に感謝です!


なお、実際にこれらの卵の買い付けをされたのは
ポーランド在住の日本人女性で、ブログに大変興味深い
イースターエッグのお話を載せています:
・イースターエッグのフカイイハナシ
・6つの卵の物語①

・6つの卵の物語②
・6つの卵の物語③ 前編
・6つの卵の物語③ 後編
・6つの卵の物語④
・6つの卵の物語⑤
・6つの卵の物語⑥



にほんブログ村 ハンドメイドブログ エッグアートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アート雑貨へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Ms. Humpty

Author:Ms. Humpty

ウクライナのピサンキを紹介しています


検索フォーム

アーカイブ