記事一覧

ドロップ・アンド・プルの技法で作る、レムコ・スタイルのピサンキ

201604lemko.jpg

写真差し替えてみました。
う〜ん・・何かが足りない。 また近々差し替えるかも・・。




ウクライナの西の山岳地帯に
レムコと呼ばれる少数民族がいます。
ちょうどウクライナ、ポーランド、スロバキアに
またがっている地域なので、ポーランドやスロバキアの少数民族
とも言えますね。

で、そのレムコ風のピサンキを再現したのが上の写真です。
「しずく型」と「点」のみを組み合わせたデザインに
なっているのがわかりますでしょうか?

これまで紹介して来たピサンキは、キスカというペンのような
道具にミツロウを入れて線を描いていました。
ところが、このレムコのピサンキはキスカを
使わないのです。
代わりにピンのようなものを使います。

ピンって・・・!?
口で説明するより、動画で見たほうが早いですね。
こんな感じです。

線が綺麗だこと・・私のとえらい違いだわ。


ミツロウのしずくをポタっとたらして、
シュっと引っ張って描くことから、英語では
この技法をドロップ・アンド・プルと呼びます。

ウクライナでは卵を装飾する技法別に呼び名が
ありますが、この卵に関してはピサンキと同じグルーピングです。
レムコ柄の「ピサンキ」として認識されていて、
伝統的なピサンキを紹介する本にもちゃんと
取り上げられています。


この技法は東欧で広く普及しており、
特にチェコ、スロバキア、リトアニアなどに
素晴らしい作品が多いです。

これはリトアニアの本。
201603lithuaniabook.jpg



こちらはリトアニアの動画ではないかと・・?




以上、ドロップ&プルの技法で作る、Lemkoスタイルの
ピサンキのお話でした。


余談ですが、アメリカのポップアートの巨匠、
アンディ・ウォーホルはレムコだってご存知でした?
正確には彼の両親がレムコで、スロバキアからの
移民だったそうです。・・ネット情報ですが。
(アンディ自身はアメリカ生まれ)


次回は、ドロップ&プルでピサンキを作る際、
私が実際に使っている道具をお見せしますね。
日本で手に入る道具ばかりです。 
ダイソー・・使えます。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ エッグアートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アート雑貨へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

チェドック雑貨ストアにてイースターのイベント開催中!

http://pysankyclub.blog.fc2.com/img/201603cedok5.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-90.fc2.com/p/y/s/pysankyclub/201603cedok5.jpg" alt="" border="0" width="500" height="335" /></a>">


浅草(蔵前)にある可愛い東欧雑貨のお店のイースターイベントです。
チェドック雑貨ストア:http://www.cedok.org


ウクライナ、ルーマニア、チェコ、ポーランド・・・
各地で買い付けた珍しいイースターエッグが販売されます。

日本ではなかなか見る事の出来ない珍しい技法やデザインの
ものがあり、大変勉強になります。


具体的に言うと・・・・

201603cedok1.jpg
染めた卵を針あるいはナイフのようなものでガリガリ引っ掻いて模様をつける技法です。
チェドック雑貨ストアさんで購入しました。
ウクライナ語ではこのような卵をDryapanky(ドリャパンキ)と呼びます。
ウクライナ以外にも広く普及している技法で、特にポーランド、リトアニア、
スロバキアなどのサイトで素晴らしい作品をよく目にします。
この作品はポーランドのものだったかと。
英語では「スクラッチ」の技法として知られています。



201603cedok2.jpg
これもチェドックさんで購入しました。
ペンで直接絵を描いたものらしいです。
ミツロウも染料も使わず、インクや絵の具で直接絵を描いた卵は
ウクライナでは Malyovanky(マリョバンキ)と呼びます。
が、この卵はどちらの国の作品か分からず・・・。



201603cedok3.jpg
ルーマニアのイースターエッグです。
表面に凹凸があるのがわかりますでしょうか?
着色したミツロウを乗せたままにして作る技法です。
ミツロウを乗せたままにする技法は主に
チェコ、スロバキア、ルーマニアを中心によく見られますが、
写真のように線を描いて、隙間にミツロウを盛るデザインは
ルーマニア独自のものです。チェドックさんで購入。


201603cedok4.jpg
ソルブのイースターエッグです。
ソルブ人と言うのは、ドイツにいるスラブ系の少数民族で、
ポーランドやチェコがそのルーツと言われています。
この卵もミツロウが乗ったままですが、とても変わった技法で
作られています。
鳥の羽を加工して作った道具にミツロウを含ませ、
ペタペタとスタンプのように押して模様をつけます。
Sorbische Ostereierで検索すると色々出てきますよ〜。


上に紹介した卵はどれも日本ではなじみが薄く、
作り方の説明など情報がほとんどないのです。
実物を観察して、作り方を自分で研究するしかないため、
このようなイベントを開催してくれたチェドックさんには
本当に感謝です!


なお、実際にこれらの卵の買い付けをされたのは
ポーランド在住の日本人女性で、ブログに大変興味深い
イースターエッグのお話を載せています:
・イースターエッグのフカイイハナシ
・6つの卵の物語①

・6つの卵の物語②
・6つの卵の物語③ 前編
・6つの卵の物語③ 後編
・6つの卵の物語④
・6つの卵の物語⑤
・6つの卵の物語⑥



にほんブログ村 ハンドメイドブログ エッグアートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アート雑貨へ
にほんブログ村


防塵ボックスを作ってみました:プチDIY



ずいぶん久しぶりの更新となってしまいました。


先月のオクサーナ先生の特別セミナーで、卵のカットを初体験した私たち。
お教室の仲間の多くも、すっかりカットにハマってしまい、
しばらくその話題で持ち切りでした。


だって・・・
いつもの私たちの卵も、カットを施すと
なんだかグッと高級感が増すような気がするんです。



卵の殻をカットする時に気になるのが、
殻の粉が飛び散ること!
健康にも悪いし、掃除も大変・・・。

でも本格的な防塵ボックスは高価な上、
置き場所のスペースも問題・・・

と言う訳で、IKEAのSOCKERと言う、小さな
温室を利用してなんちゃって防塵ボックスをつくってみました

201603dustbox1.jpg



こんな感じで、すべてのパーツがバラバラなので、加工しやすいのです。
201603dustbox3.jpg
透明な板部分はガラスではなく、アクリル製になっています。
ツメの部分をぐいっと曲げると、簡単に板が外せます。


ダイソーで購入したA3硬質カードケースという、
大きな下敷きのようなものに、手を入れるための穴を開け、
アクリル板と入れ替えました。
201603dustbox2.jpg
少しへなへなですが、薄いので加工しやすいのです。
それに、万が一カットボックスとして利用しなくなった時のために
もとのアクリル板は残しておきたかったので。


写真の黄緑色の排水溝カバーは、
手を入れる穴のところにつける予定でしたが、
視界が悪くなることと、材質が思ったより硬く、
手を入れると痛いので、使うのをやめました。


で、出来上がりは最初の写真です。
中の卵はオーストリッチ(ダチョウ)の卵です。


ちなみに、持ち上げるとこんな風に外れるので、
お掃除も楽チンです。
上部にある隙間は、カットをする時はサランラップで
塞ごうかな・・・このままだと隙間から出てくる
粉を吸ってしまうわ〜、げほげほ。
201603dustbox5.jpg


まだ使い勝手の方はわかりません。
もしかしたら奥行きがちょっと短いかも・・・?
使い物にならなかったら、植物を入れようっと。

材料費2千円ちょっとで出来てしまうので、
興味のある方は是非お試しを!

なんでもこの商品、猫に大人気だそう。
中に入るのにちょうどいいサイズなんだとか。
なるほどね、猫用のサンルーム・・。

************ 追記 ****************

記事をアップした後にふとひらめいたんですが
(たくさんの方に隙間部分から粉が出て、吸い込んでしまう恐れを指摘されたもので・・)

このくらいのサイズで、透明なもの・・・
魚の水槽を利用すると言うのはどうでしょう?
自力で穴は無理でも、ホームセンターでお願い出来るかも。

あるいはもう少し安くて、同じくらい透明なケースでは
カブトムシを飼育するケースなんかはどうかしら?
あれなら軽いし、透明だし、隙間もありません。
問題は穴あけの部分のみ。

・・・と言うわけで、この夏
特大サイズのカブトムシ飼育ケースを物色している
おばさんを街で見かけたら、それは私かも知れません。






にほんブログ村 ハンドメイドブログ エッグアートへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ いろいろなハンドメイドへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ アート雑貨へ
にほんブログ村

プロフィール

Ms. Humpty

Author:Ms. Humpty

ウクライナのピサンキを紹介しています


検索フォーム

アーカイブ